じないまち峯風庵10月の茶事・夕去り

■■■庵主が亭主をさせていただく、おもてなしの茶事。お客様募集中。■■■
==庵主考案の箱火鉢(椅子席)の茶室、蝋燭の灯り・夕去りの茶事==
◆日時  10月30日(金)午後4時お席入り(終了予定午後7時半)

◆内容  箱火鉢を大炉のように使います。初炭手前に続き、懐石料理とお酒でお食事、中立のあとは濃茶、つづき薄茶となります。露地の蝋燭、後座の短檠と蝋燭の灯りが幻想的です。限定6名さまで開催します。お一人様から御申込みいただけます。(稽古茶事ではなく、庵主が亭主としてお客様をお招きする茶事です。)

◆お客様 限定6名様にて開催。どなた様もご参加いただけます。御申込み先着にて。茶事が始めての方も大歓迎です。

◆参加費:お一人様 16.000円  *お申込み〆切り 10月23日

*9月23日に開催させていただきました夕去りの茶事では、遠路お越しいただいたお客様から、低い椅子席の箱火鉢の茶事はとてもいですね。そのうちに話題になり全国からお客様が詰め掛けて予約が取れないようになるでしょうね、とうれしいお言葉をいただきました。水屋のスタッフも少しかいま見れた蝋燭の灯りの茶室や露地は、雑誌やTV番組の一こまのようで、素敵~~と。まだまだ、開発途上の箱火鉢の茶事ですが、どうぞ乙奇異あくださいませ。10月は茶飯釜粥の茶事を初公開と思っていましたが、もう少し寒くなってからの方がいいかなと11月まで延期して、幻想的な夕去りの茶事をしたいと思います。