<2006年2月>

三周年、第三六回目の月釜です。三周年のプレッシャーか、なかなか趣向が決まらなかったのですが、伏見稲荷にお参りして、初午の茶会にすることになりました。今年は2月10日が初午です。平安時代初期からの伝統行事。伏見稲荷に神様が降臨されたことから、各地の稲荷神社で祭典を行うことになったとか。今昔物語、枕草子にも、お参りは、お弁当を持って物見遊山の楽しみとして描かれていいます。稲荷神は、農耕を司る神で、五穀豊穣、福徳、現代では家内安全、商売繁盛も祈願しています。稲荷神のお使いは狐。油揚げを供えたり、初午団子を作る風習も。
三周年のお祝いもかねて、紅白の色使いで。

初午らしく、福の字を入れました。
大徳寺 管長 誡堂和尚の墨蹟です。

花は赤い侘び助椿とサンシュウ。
もうすぐ春です。

赤の釜敷に宝珠の香合を飾り、神社のイメージに。

初午の馬にちなんで、馬乗り袴を穿いてみました。
能の仕舞いをしていたときのもので、金春縞がお気に入りの袴。
でも、なんか太って見える~~。

お菓子は三周年をイメージして三色団子。昔は、初午のお参りにも参道の茶店で初午団子が売られてたそうです。干菓子は伏見稲荷で求めた狐煎餅と手づくりの手綱。伏見稲荷のお参りの記念の印の杉を一緒に飾りました。

水指と棗を紅白に。蓋置は馬齢です。いい音がします。退出の時に、鳴らして帰られる方もたくさんいらっしゃいました。(笑)

お茶碗は神社の神馬と、白狐の銘のある志野茶碗、赤楽など。